ポリクリート

「人と地球にやさしい材料」をテーマとし、コンクリート構造物の「安全被覆」を新しい観点から見直しました。
独創から協奏へ…私たちはこの地球環境を守り、人と暮らしに安全と安心を提供し、そしてお客様と共に響き合う、そんな企業を目指しております。

環境づくりをトータルに提言する、五つの方向性

安全性・省力化を高めた「施工性」、人々にとっての「安全衛生性」「快適性」、さらには時代に即した「機能性向上」「高耐久性」を追求し、トータルな視野で、環境づくりをサポートします。
商品については、『PL(製造物責任)法』『VOC(揮発性有機物質)規制』を採用し、いずれも環境保全を考慮し提供いたします。

進化する高耐食テクノロジー ---- 高度な技術は、あらゆるジャンルに。

次代の防食理論 身近に広がる技術の応用

コンクリートの特性をより考慮し、これまでの技術を改良、発展させた「耐食・防水シリーズ」です。
高度な接着力
「浸透性水分硬化プライマー」と「低収縮または柔軟性樹脂」の採用により下地と一体化します。
すぐれたひび割れ追従性
複層構造の採用によりコンクリート母体が割れてもライニング材は共割れしません。
多彩な工法
樹脂モルタル工法の「ポリクリートHQ」、フレキシブルなフレークライニング工法の「フジフレークFX」、非接着コンポジット工法の「ルースケメック」、工場で生産し現地搬入後、部分接合させる「ケメックパネ」など4種の技術工法で熱、衝撃、摩耗に対応します。
すぐれた耐薬品性
酸・アルカリ・有機溶剤など、あらゆる薬品条件に対応します。

製品特長

品名 品番 平均膜厚
(㎜)
材質 特長
ポリクリートHQ #120C 0.2 ~ 0.4 水性エポキシ 高耐薬品性
耐衝撃性
耐摩耗性
熱衝撃性
各種規格に適合
高接着性
多彩な工法
#100C、#100Mシリーズ 0.5 ~ 5 無溶剤エポキシ
#500M、#500S、#500Bシリーズ 3 ~ 7 ポリエステル
#600M、#600S、#600Bシリーズ 3 ~ 7 ビニルエステル
ルースケメック #5H、#4、#3 2.5 ~ 6.5 ポリエステル
#6H、#6R 2.5 ~ 6.5 ビニルエステル
#2800シリーズ(耐熱タイプ) 2.5 ~ 6.5
ケメックパネ #3000シリーズ 1 ~ 5 各種 工場内作のため品質一定

ポリクリートHQの耐薬品性(B工法)

30℃ 60℃ 90℃ 120℃
無機酸 硫酸 25% 503 503 503 503 503 503 606 606 608 698        
50% 504 504 504 504 504 504 606 606 595          
塩酸 25% 503 503 503 503 608 608 698 698 698 698        
硝酸 20% 503 503 503 503 505 505 505 505            
クロム酸 20% 503 503 503 503 505 505 505 505            
有機酸 酢酸 10% 503 503 503 503 503 503 606 606 608 608        
アルカリ 苛性ソーダ 40% 606 606 606 606 606 606 160 160            
漂白剤 二酸化塩素 505 505 505 505 505 505                
塩類 酸性・中性 503 503 503 503 503 503 606 606 608 608        
アルカリ性 503 503 503 503 606 606 606 606 606          
有機物
溶剤
トルエン 608 608 608 608 608 608                
スチレン 608 608 608 608 608 608                
二硫化炭素 608 608 608 608                    
・日本下水道事業団の「防食指針(案)」に適合
・日本水道協会JWWA K135、143および149に適合
・食品衛生法・食品、添加物等の規格基準(厚生省告示第370号)に合格
・耐薬品表は、一つの目安ですから、材質決定の際には必ず弊社とご相談ください。